私にとって憧れの住宅とは。

幼少期は祖父母と一緒に生活をしていたので、戸建で生活をしていましたが、父の転勤に伴い、長い間、マンション生活が続いていたので、自分が結婚をしたら、何が何でも一戸建ての住宅に住みたいと考えていました。しかし、結婚当初はお金の事もあり、集合住宅生活をしていたので、次第に戸建ての憧れが強くなりました。私が憧れる家はベランダが広く、ベランダをリビングの延長となるような家に住みたいと考えておりました。もっと言えば、平屋の広い戸建てを建てたいと思っていましたが、さすがに平屋住宅は本当に憧れのままとなりました。家を建てる際に決め手は、多数周った住宅展示場でした。耐震や防犯のことも何度も勉強をして、頑丈な家を建てたいと思ったので、どれくらい展示場を巡ったから分りません。展示場通いをしているうちに、自分が理想としている家の青写真をしっかりと描けてた事も家を建てるのに、背中を押された気がします。戸建て住宅で生活をすると言う夢が叶い、満足です。