シロアリ対策用の新築住宅の建てかた

新築住宅の購入で計画を立てる前に、必ず覚えておきたいのがシロアリ対策です。日本では一般的に木造の新築住宅を建てる家庭が多いですが、シロアリは木材が大好きです。シロアリにかじられると建物が傾くなど、家の寿命が縮まる原因になります。まず、新築住宅を建てる際に気をつけるべきポイントが、専門業者が点検しやすい構造にすることです。シロアリは湿気と暗い場所を好みます。この条件に当てはまるのが床下です。床下に点検する人が通れるくらいのスペースを確保しましょう。また、入り口付近に動かすのが困難な、柵やウッドデッキなどの設置物を置かないようなつくりにすることも大事です。基礎断熱工法を行えば温かな床を作れるのがメリットですが、この工法はシロアリの通り道を作りやすいため、できれば利用を避けたいところです。他にも、土台や柱に使う木材の種類にこだわると、シロアリの被害をある程度予防できます。ヒノキやヒバなどが適しています。